コーポレートマインド

理念

顧客第一主義

高い技術と充実の設備でご要望を形に

1963年にステンレス生地の製造からスタートした当社は、
市場のニーズを捉えながら培った金属加工技術を活かし、
スプーンやフォークなどの金属洋食器から、
排ガス関連の部品、エンジン吸気関連部品、潤滑装置部品など、
品質・納期への要求がシビアな自動車部品の加工へと展開。
さらに建材・厨房板金へと製造分野を広げていきました。
また、徹底した合理化のため、様々な工夫を重ねながら設備投資を積極的に推進。
厳しい品質管理のもと、不良品率を極めて低い数値に抑え、
お客様から高い信頼をいただいています。
これからも当社は高品質・短納期をモットーに、
ステンレスをはじめとした様々な金属素材の加工に取り組み、
お客様にご満足いただけるよう努めてまいります。